第4話 『逆転を継ぐ者』 攻略チャート


1日目
2日目
7年前
メイスンシステム
3日目
探偵
法廷・前編
法廷・後編
法廷・前編
法廷・後編
メイスンシステム
法廷

・ 最速クリアのためのチャートです。下記チャートのとおりに進めればクリアできますが、楽しめません。このゲームでは全ての話を聞いたり、証言をゆさぶったり、時には間違えた選択肢を選ぶことも楽しみのひとつです。





第4話『逆転を継ぐ者』 1日目 探偵より



証言:葉見垣 正太郎 〜目撃したこと〜
● 「あとはみさん、ご存じのとおり。‥‥“巨星、落つ!”ってゆう。」
┗ 『ゆさぶる』⇒『巨星のコーヒーのこと』⇒『重要である
● 「ヒトクチ、飲んだか飲まないか‥‥その瞬間、彼は倒れたのです!」
┗ 『つきつける』⇒『コーヒーカップ



証言:葉見垣 正太郎 〜気になったこと〜
● 「手紙を書いていたようですが‥‥あわてて封筒に封をしました。」
┗ 『ゆさぶる』⇒『証言に加えてもらう
● 「黄色の封筒でしたね。‥‥たしか、現場に残されていたと聞いてますよ。」
┗ 『つきつける』⇒『赤い封筒



王泥喜
● “事件当夜。被害者は、書いていた手紙を、赤い封筒にしまった”‥‥
その可能性はある』or『その可能性はない



証言:葉見垣 正太郎 〜ニュースのニオイ〜
● 「何しろ、ドブロク氏の才能はタイヘンなものだったのですから。」
┗ 『みぬく



みぬくシステム
「ドブロク氏の才能は」のときの右脇の汗を見抜く。



法廷記録選択
証拠品ファイル:『隠されていた絵』をつきつける



証言:葉見垣 正太郎 〜事件当夜の状況・まとめ〜
● 「そして、事件後。アトリエから出たものは、なにひとつ、ありません。」
┗ 『つきつける』⇒『レターボックス
● 「取材中、土武六氏がクチにしたのは、あのコーヒーだけでした。」
┗ 『ゆさぶる』⇒『立証できる



法廷記録選択
証拠品ファイル:『小さな額』をつきつける



法廷記録選択
証拠品ファイル:『赤い封筒』をつきつける



カガク捜査
便箋の右下の部分から検出



王泥喜
● 7年前の“毒”‥‥痕跡の物語。“ニセモノ”の手がかりは‥‥
絵瀬 土武六



法廷記録選択
人物ファイル:『絵瀬 まこと(19)』をつきつける



第4話『逆転を継ぐ者』 2日目 法廷・後編へ続く






『逆転裁判4』攻略大作戦