宝魔ハンターライム

Special Collection Vol.1
PS宝魔ハンターライム1


概要

● TAKERU専売のPCソフトを移植したもの。PSでは全部で3作品出ている。内容はコマンド選択式のアドベンチャーで、よく動くアニメーションが特徴。見た目もノリもアニメ版らんま1/2。
● 移植にあたってOPED、次回予告が挿入され、フルボイスとなった。声も乱馬になったという…。それ以外はほぼベタ移植(口パクはついた)なので、背景がちょっと厳しい。テキストウインドウはなく、ボイスを聞き逃さないように注意。またボイスを飛ばすこともできない。
● 元がアダルト作品ではないものの、それっぽくHに見せる作品だったが、特に大きな規制はなくそのまま収録されている。たぶん、2話の乳揉みシーンの動きがなくなったくらいでは。
● 全4話でPC版の1〜3話にオリジナル1話(ACT4)で構成。オリジナルの4話目は予算が少なかったのか、納期が少なかったのか枚数が少なく動きがぎこちない上、話のボリュームも足りない。ただ作画はいいので、おまけシナリオと思えば満足できる。スペシャルゲストとしてみちのくプロレスのスペル・デルフィン、篠塚誠一郎が声を担当。

攻略

全4話の攻略チャート
最小手数で進めるようになっているはず。ストーリーは固定されているので、コマンドの選択によって横道にそれたりはしません。 声優さんのボイスを余すことなく聞きたいという人以外は、このチャートで十分です。





ストーリー

人間界と魔界が友好を保っていた時代。
邪悪な魔族の手により、大切にされていた友好の証「魔法玉」が盗まれてしまいました。
地上にばらまかれてしまった「魔法玉」は、人間界のあらゆる恨みや怒りを吸収し、次々と妖怪に化けてしまいます。 悪さをしかける妖怪たちを倒さねば、「魔法玉」は手に入れられない!
魔界の美少女「ライム」と相棒の「バース」は人間たちとの平和を取り戻すために立ち上がりました。 得意の変身術を使って、二人の楽しい妖怪退治の始まりです。

登場人物

ライム
CV:玉川 紗己子
物語の主人公。魔界人。2万17歳。こすぷれこうげきが得意。妖怪退治もお手のものである。 勝ち気でしっかりもののお姉さん的存在。趣味は“バースをいじめること”。しかし心の奥ではバースのことが気になっている。
バース
CV:山口 勝平
ライムの相棒。魔界人。2万15歳。単細胞なおちゃらけ野郎。好きなものは“女子更衣室”。魔界人としては絶大なる力の持ち主らしい…? 本当はライムが好きなのだが、素直に気持ちを伝えられないでいる。

操作方法とシステム

操作方法
十字キー:コマンドの選択
〇ボタン:コマンドの決定
×ボタン:コマンドのキャンセル
スタートボタン:OPEDのキャンセル
それ以外のボタンは使用しません

タイトルメニュー
NEW GAME・・・ACT.1からスタートする。
CONTINUE・・・メモリーカードを使用し、続きから始めることができる。セーブは話の終わりに自動で記録され、途中で記録することはできない。
BGV MODE・・・クリアした話をコマンド操作をしないオートモードで楽しめるモード。実際のプレイではしなくてはいけないコマンドも一部省略されている。

ゲームの流れ
「Talk」や「Look」等の行動コマンドを選択して話を進めていく。ルート分岐はなく、ゲームオーバーもないので、いわゆる総当たりで進めていこう。

スタッフ
企画・制作:有限会社サイレンス、株式会社エクシング、株式会社アスミック
キャラクターデザイン・作画監督:中嶋敦子
総監督・脚本・演出・絵コンテ:中村謙一郎
音楽:荒川憲一

キャスト
ライム:玉川紗己子
バース:山口勝平
プギ、みちのたか子:麻見順子
W.ペガサス、解説者:小杉十郎太
ろうそくん、ちゅうしゃきんぐ、スーパー・ドルフィン:武政弘子
みづき:白鳥由里
がまぐっち:大谷育江
院長:長島雄一
ますから:スペル・デルフィン
レフリー:篠塚誠一郎

関連商品
宝魔ハンターライム スペシャルコレクションvol.1 / PSゲームソフト
このページで扱っている作品。
宝魔ハンターライム / 音楽
その他のシリーズ関連作品はこちらへ

データ
メーカー:アスミック / 開発:サイレンス / ジャンル:アドベンチャー / 発売日:1994年12月22日 / 価格:5,800円+税 / プレイ人数:1人 / プレイステーション専用ソフト / メモリーカード:1ブロック





攻略大作戦 > プレイステーション > 宝魔ハンターライム Special Collection Vol.1