ART.7 岩窟の聖母 前編 攻略チャート

□ PSPソフト「ギャラリーフェイク」の第7章『岩窟の聖母 前編』のチャートです。

ART.1 / ART.2 / ART.3 / ART.4 / ART.5 / ART.6 / ART.7 / ART.8




 ART.7 岩窟の聖母 前編(1)

※ Break A Fakeモードなし
 ART.7 岩窟の聖母 前編(2)

三田村館長の真意を探れ
● 「あら。そんなこともなくてよ?」
└ ブレイク
◎ キーワード選択⇒『三田村には目的がある
 ART.7 岩窟の聖母 前編(3)

サラの間違いを正せ
● 「えと。確か、ナポレオンと戦ったんだよね。やっぱりラムとブランデーの戦いかな。」
└ ブレイク
◎ キーワード選択⇒『ネルソンの功績



正確な知識を伝えろ
● 「ところで聞き損ねてたんだけど…… なんで、『岩窟の聖母』は2枚あるの?」
● 「写真ちょっとだけ見たけど、少し色合いが違う感じってだけで……」
● 「ダ・ヴィンチが2枚作った理由ってなんなの?」
└ 上記のいずれかをブレイク
◎ キーワード選択⇒『ナショナルギャラリーとルーヴル
 ART.7 岩窟の聖母 前編(4)

2枚の聖母の完成時期を指摘せよ (2つのブレイクは順不同)
● 「やがてミラノ公ルドヴィコ・スフォルツァに招かれ宮廷画家となり、そこに工房を開く。」
└ ブレイク
◎ キーワード選択⇒『宮廷画家となったのが1482年』+『1枚目は1483〜86年に作成

● 「1506年、ミラノがフランス軍から解放されるや、彼の地に舞い戻った。」
└ ブレイク
◎ キーワード選択⇒『1506年にミラノに戻った』+『2枚目は1508年に完成



損傷の理由について見解を述べよ (3つのブレイクは順不同)
● 「教会の食堂の壁を飾るものとして、『最後の晩餐』は描かれた。」
└ ブレイク
◎ キーワード選択⇒『湿気で、顔料が剥離、素地が腐食

● 「これは、ダ・ヴィンチが防湿用に白鉛の素地を塗った壁に、油絵の具やテンペラで描く、」
● 「漆喰の乾燥時間に制約されない新画法を編み出したことが、大きく貢献していた。」
└ 上記のいずれかをブレイク
◎ キーワード選択⇒『ダ・ヴィンチの新画法の試みは失敗

● 「しかし、その後17世紀には画面中心下部の壁面に通用門用の穴をくりぬかれたり……」
● 「背後の壁に描かれていたタペストリが塗り込められたりという改変が加わった上、」
└ 上記のいずれかをブレイク
◎ キーワード選択⇒『後世になっての人為的要因



修復家が最も注意すべき要因を挙げよ
● 「それでは、その3つの中で、修復家として最も重要な問題はなんだと思うかね?」
● 「3つはどれも、壁画の損傷の原因ではあるが修復の上で最も注意すべき要員が存在する。」
● 「ミスターフジタ。キミの考えを聞かせて貰いたい。」
└ 上記のいずれかをブレイク
◎ キーワード選択⇒『後世になっての人為的要因



岩石の聖母の修復方法を検討せよ
● 「(最初の問題は、この焼け焦げと剥離部分の見た目をどう再現するかだな……)」
● 「(何か参考になるようなデータはあっただろうか?)」
└ 上記のいずれかをブレイク
◎ キーワード選択⇒『表層の顔料の分析データ』+『表層の色調のデータ
◎ キーワード選択⇒『X線による断面色層分析データ



館長が真に求める資質を探れ
● 「彼の積み上げてきたこれらの技術を理解する事から、修復は始まるだろう。」
● 「そう。これらの技術を完全に習熟して完璧なものとすることによってのみ――」
● 「巨匠が作品に込めた作画意図を理解し、再現できるというものではないかね?」
└ 上記のいずれかをブレイク
◎ キーワード選択⇒『技術とは構想を実現するツール』+『知識や素材集めは準備段階
◎ キーワード選択⇒『修復家は技術のみにあらず
 ART.7 岩窟の聖母 前編(5)

盗難された聖母を把握せよ
● 「……ルーヴル美術館からダ・ヴィンチ作の絵画『岩窟の聖母』が盗まれ……」
└ ブレイク
◎ キーワード選択⇒『ロンドン版の修復依頼



2枚の聖母の違いを述べよ
● 「両方とも同じに見えるけど……」
● 「……影とか?」
● 「うーん、違いなんて見当たらないよー。」
└ 上記のいずれかをブレイク
◎ キーワード選択⇒『2枚ある岩窟の聖母は構図が違う
 ART.7 岩窟の聖母 前編(6)

※ Break A Fakeモードなし
 ART.7 岩窟の聖母 前編(7)

サラが行く場所を正確に把握せよ
● 「あっ。うん。今日はね、ロンドン橋の近くで骨董市がアルんだって。」
● 「えっと…… ナンて言ったかな……」
● 「バー…… バー…… バー……」
● 「バーモンキー?」
└ 上記のいずれかをブレイク
◎ キーワード選択⇒『バーモンジーの骨董市
 ART.7 岩窟の聖母 前編(8)

壷の作成時期を探れ
● 「お姉ちゃんは良く知ってるからな。このソーサーと同じ窯印で分かるだろう?」
└ ブレイク
◎ キーワード選択⇒『時代によって変わる窯印デザイン



壷の正体を暴け
● 「それに、これを見てご覧よ。青地の肌の上に輝く白い透かし彫りの、この秀逸さ。」
● 「これ程、完璧な青地のポートランドの壷はそうそう出回ってないぜ?」
└ 上記のいずれかをブレイク
◎ キーワード選択⇒『ポートランドの壷の下地の色は黒
 ART.7 岩窟の聖母 前編(9)

※ Break A Fakeモードなし
 ART.7 岩窟の聖母 前編(10)

※ Break A Fakeモードなし
 ART.7 岩窟の聖母 前編(完)

ロンドン版の真贋説を覆せ
● 「ある説ではルーヴル版のみがダ・ヴィンチの真作――直接筆をとった作品であり……」
● 「このロンドン版は、訴訟の末の妥協として納品用に弟子に描き直させたものだと言う。」
└ 上記のいずれかをブレイク
◎ キーワード選択⇒『岩窟の聖母、2枚の技術差の理由



ロンドン版=1枚目説を立証せよ
● 「クライアントに指摘された問題点が解消された構図となっている。」
└ ブレイク
◎ キーワード選択⇒『問題となったウリエルの手と目線』+『剥離の下から現れたウリエルの手



ルーヴル版の通説の弱点をつけ
● 「しかし、それがルーヴル版が2枚目であることを示す根拠にはならないと思うが……」
└ ブレイク
◎ キーワード選択⇒『ルーヴル版は晩年の画法と酷似』+『ルーヴル版は絵の来歴が不明





攻略大作戦 > プレイステーション・ポータブル > ギャラリーフェイク > ART.7 岩窟の聖母 前編