逆転裁判4 登場キャラクター紹介


共通 / 第1話 / 第2話 / 第3話 / 第4話 】


絵瀬 まこと (19)

事件の被告人。
父親を毒殺した容疑で留置所に入れられている。
過去の記憶を一切なくしている。
ネーミングは「エセ」から。




絵瀬 土武六 (52)

事件の被害者で、挿絵などを手がける画家。
自身のスタジオで毒殺された。




奈々伏 影郎 (40)

成歩堂の最後の法廷の依頼人。
或真敷一座のスターで、或真敷ザックその人。




或真敷 天斎 (67)

入院中、何者かに頭部を撃たれて死亡。
或真敷一座を立ち上げた稀代の魔術師。
余命いくばくもなかった。




或真敷 優海 (40)

或真敷ザックの妻で、みぬきの母親。
7年前から消息不明となっている。




原灰 ススム (24)

『蘇る逆転』にも登場。
法廷係官でザック消失事件の警備を担当していた。




糸鋸 圭介 (32)

シリーズおなじみの刑事。
所轄署の刑事で、殺人の初動捜査を担当している。



『逆転裁判4』攻略大作戦