逆転裁判


ジャンル
対応機種
発売日
価格
販売・発売
アドベンチャー
GBアドバンス
2001年10月12日
4,800円(税別)
株式会社カプコン


ゲームの概要

シリーズ一作目となるアドベンチャーゲーム。主人公は弁護士。さまざまな証拠を集め、依頼人を無罪にするのが大まかな流れとなる。 シナリオは全部で4つ用意されており、それぞれ探偵パートと法廷パートに分かれる。探偵パートで事件の情報や証拠品を集め、それを基に法廷パートで依頼人の無罪を立証していく。

探偵パートはゲームオーバーはなく、シナリオ分岐もないので基本は選択肢総当り。法廷パートは間違った証拠品を提出した場合など、ペナルティが科されていき、6回ペナルティを受けた場合はゲームオーバーとなる。 そのため若干、慎重に進める必要があるが、どれも難易度は低いのでそれほど神経質にならなくても大丈夫。

作品としてはまずまずの出来だと思うが、分岐がないのでどうしても1回プレイしたら飽きてしまうのが難点。またイベント中には1枚絵が表示されるが、これらを纏めたギャラリー的な要素が欲しかった。

現在は今作に追加要素をプラスしたDSソフトの「蘇る逆転」が発売された。全4話のシナリオはそのままに、あらたに第5話目が加わっている。グラフィック等も含めほぼ完全移植なので、これから買うという人は「蘇る逆転」を選ぼう。

関連商品-amazon.co.jp

 逆転裁判(通常版)
法廷を舞台にしたアドベンチャーゲーム。プレイヤーは正義に燃える若き弁護士・成歩堂龍一(なるほどう りゅういち)となり、有罪が確実な依頼人の無実を証明していく。自ら証拠を集め、法廷でのウソの証言を指摘し、その矛盾点を見つけだす。検察側の証人を追い詰めて真実を追求していくことで無罪を立証するのである。

 逆転裁判(廉価版)
本製品は犯人当てゲームのような推理モノではなく、法廷でのやりとりに重心が置かれている。しかし、裁判モノとはいっても決して難しい内容ではなく、大人にも子どもにも楽しめる内容だ。本作は2001年10月に発売された同名タイトルを廉価版として再登場させたものである。

 逆転裁判 真相解明マニュアル
事件のナゾを解き明かす決定的証拠を完全紹介。全シナリオにフローチャートを掲載し、真犯人へと導く。シナリオごとのサイドストーリーをカプコンのデザイナーが自らマンガ化。本物の弁護士が語る「逆転裁判」アレコレ。




『逆転裁判1』攻略大作戦