敵に与えるダメージについて

このゲームでは武器や特殊能力の性能が隠しパラメータ扱いになっているため、どの武器や技が強いのか判別しづらい。 またそれぞれの性能だけでなく、キャラクターのパラメータの依存もあるため、どの程度、敵にダメージを与えられるかも分からない。 このページではどのような法則で敵に与えられるダメージが決定されるのかを考察混じりで書いていきたい。

基本的なダメージ法則

(基本ダメージ)−敵の防御

敵に与えるダメージは基本ダメージから敵の防御力を引いた数になる。基本ダメージの求め方は以下のとおり。

●依存系(武器の性能×依存ステータス)
●技系(武器の性能×すばやさ×残り使用回数)
●ダメージ固定系(固有のダメージ)

上記の×の記号は分かりやすく置き換えているだけで、単純に掛けているわけではない。またそれぞれの武器ごとに掛け率も変化しているようだが、細かすぎて自分の手には負えないのでここでは扱わない(汗)。
それでは依存系を見てみよう。武器の性能と依存するステータスで大まかなダメージが決まり、そこから敵の防御力を引いた数で最終的なダメージが決定される。 次は技系。パンチやキック等がこれに当たる。武器の性能とすばやさ、それに残り使用回数が少ないほうがダメージが上昇する。もちろん、敵の防御力を引いたのが最終的なダメージとなる。 最後はダメージ固定系で、それぞれの武器に設定された数値(例えば100ダメージを与える)等がそのまま反映される。ステータスに依存しないので、誰が使っても与えるダメージは同じである。ただし、ダメージ固定系に限らないが、乱数が絡むので毎回必ず同じダメージというわけではないので注意。

属性と種族とクリティカル
相手の弱点(×ほのお等)に対し、自分の武器がその属性を持っていた場合(例:フレームソード)、クリティカルが発生する。 クリティカルは以下の2通りの効果からランダムに決定される。

●敵の防御力を無視(○ぶきも無効化)
●即死

また属性だけでなく、武器の中には特定の種族にのみ効果を発生するものがある。それらを使ってもクリティカルは発生する。
クリティカルを利用すれば、ラストに出てくる復活四天王(種族は不死)を「サンブレード」や「ねんぶつのほん」で一撃で倒すことも可能。






攻略大作戦 > ゲームボーイ > 魔界塔士サガ > ダメージ計算式