ゾイド2 ゼネバスの逆襲 小ネタ裏技情報

ここでは、『ZOIDS2 ゼネバスの逆襲』のちょっとしたネタを書いていきます。
それぞれ、当サイトのほかのコンテンツの内容とカブる事がありますが、ご了承ください。




◆名無しの権兵衛
名前を入力しないままスタートすると、主人公の名前が「ごんべえ」になる。

◆恋人の名前
恋人の名前はゲームごとに変化する。(具体的な条件は不明)
自分は「まゆみ」でした。

◆資金稼ぎ
ゾイドを売るとき、装備しているものに限らず買取値段は同じである。
そのため売るときは装備しているものを外してから、別々に売るほうがお得。
ウラニスク等で売っているゾイド「カノントータス」は初期装備がキャノン砲のため、このように装備を外してから売ると差額が儲かる。
具体的にはカノントータスの買値が240G。カノントータスを買ってからキャノン砲を外し、カノントータスをゾイド屋で売って120G、キャノン砲を防具兵器の店で売って225G。 つまり合計345Gで売れるので1回の取引につき105G儲かることになる。序盤のお金稼ぎには最適。

◆序盤の経験値・資金稼ぎ
出現場所 ダリオス近くの右記のあたりには「ブラキオス」や「ブラックライモス」が出現する。これらは周辺に比べて強力なゾイドだが、高い経験値やお金を獲得できるので序盤の稼ぎには最適。ブラックライモスなら36ものお金が手に入る。





攻略大作戦 > ファミコン > ゾイド2 ゼネバスの逆襲 > 裏技・小ネタ