ステータスマックスを目指してみよう

ステータスを極限まで上げるためには各種いろいろな種を利用します。「ちから」「すばやさ」「みのまもり」「かしこさ」「うんのよさ」の最大値は255。HPとMPの最大値は999です。

「うんのよさ」は、これを上昇させる種は存在しません。つまりレベルアップによる数値上昇でしか上げることができません。アリーナやマーニャ、ブライ等のうんのよさの成長率が高いキャラクターはレベルを上げればまず「うんのよさ・255」になりますが、ライアンやトルネコといったキャラはレベル99まで育ててもほぼ間違いなく255に達しません。そのため、レベルが上がる直前にセーブしてから、レベルの上昇値を毎回見て吟味する必要がありますが、もともとの上昇率が低いライアン等のうんのよさはそれでも255に達することはないでしょう。

能力値を上昇させるたねは、敵が落とす宝箱からいくつでも入手できます。そのため「ちから」「すばやさ」「みのまもり」「かしこさ」「最大HP」「最大MP」に関してはステータスを理論上の最大値(255・999)まで上昇させることができます。ただしそれぞれ落とす確率が低いので無駄遣いせずに大切に使っていきましょう。

ライアンやアリーナの「ちから」は、レベルを上げていけば255になります。これに「ちからのたね」を使うのは勿体無い。「ちからのたね」はレベル99にしても255に達しない可能性のあるブライなどに積極的に使っていきましょう。種はレベルがそれ以上上がらない99になってから使うのが一番効率的です。
前述のとおり、「うんのよさ」は種で上げることができません。全てのステータスを255にするためには、レベルが上がったときに「うんのよさ」の値を吟味する必要があります。また呪文の使えないキャラは種を使っても最大MPを増やすことはできません。結論として全てのステータスが最大値になる可能性のあるキャラクターは限られてきます。すなわち呪文が使え、かつ「うんのよさ」がレベル99の時に255まで上昇している可能性のあるキャラとなります。

これに該当するのは「ブライ」「マーニャ」。運のよさを吟味して「クリフト」「ミネア」といったところでしょうか。もちろん、「うんのよさ」以外の能力値を上げるためには種が必要となってきますので、非常に根気の要る作業になります。

最大MPが0でもいいならば、全ての能力値255に最も近いのがアリーナです。レベル99の段階で、種を使わずとも「みのまもり」「かしこさ」以外の能力値が全て255になっている可能性が高いです。

種は貴重なものなので、使う前にセーブをして、上がる数値を吟味しよう。「ちからのたね・まもりのたね・かしこさのたね」は1〜3上昇、「すばやさのたね」は1〜2上昇、「いのちのきのみ」は4〜6上昇、「ふしぎなきのみ」は3〜5上昇する。

ちなみに攻撃力の最大値は「ちから255+まかいのつるぎ」である「攻撃力405」。『まかいのつるぎ』はピサロのみ装備可能なので、この数値はピサロにしか出せない。次点は「ちから255+グリンガムのムチ」である「攻撃力390」。これにはマーニャやミネアが該当する。実はライアンの「ちから」が255あってライアン最強装備の「はぐれメタルのけん」を装備してもこの攻撃力には及ばない。

そのため最終的にはライアンの攻撃力自体はそれほど魅力のあるものではない。アリーナが強いといわれる所以は、「会心率の高さ」という独自能力をもっているため。なお、防御力も同等で「みのまもり」が255で同一ならば装備する防具によってMAX値が決まる。

種を落とす敵(★が多いほど落としやすい)

下を見るとおり、『かしこさのたね』は貴重である。これらを狙う場合はたまにアイテムを盗んでくれるトルネコをパーティに入れておこう。

ちからのたね
★★=キラースコップ/あばれうしどり/ドラゴンライダー/アイスコンドル/アークバッファロー
★=ギャオース/いどまじん

すばやさのたね
★★★=はしりとかげ/ビースト/ライバーンロード
★★=ピクシー/きゅうけつこうもり/プテラノドン/ランガー/シャークマンタ
★=ゲリュオン

まもりのたね
★★★=レッドドラゴン
★★=コンジャラー/ベビーサタン/デビルプラント/サンダーサタン

かしこさのたね
★=あんこくつむり

いのちのきのみ
★★★=フレイムドッグ/さつじんエイ/ダゴン
★★=ばくだんいわ/ベホイミスライム/アンクルホーン/しにがみきぞく/どぐうせんし/ギガントドラゴン
★=ひとつめピエロ

ふしぎなきのみ
★★=キングスライム/マンドレイク/ベホマスライム/ブリザードマン/フェアリードラゴン
★=にじくじゃく






攻略大作戦 > ドラゴンクエスト4 > ステータスマックスを目指す